「小遣い3万円」船越英一郎夫妻が円満な理由

お小遣い

船越英一郎・松居一代夫妻

サスペンスドラマ界の実力派俳優・船越英一郎さんと、その妻の松居一代さんの結婚生活は順調なように見える一方で、妻の松居一代さんの尻に敷かれているイメージが強くはないでしょうか。
恐妻伝説は有名ですが、どこまで真実かは謎でしたが、タレントの優香さんが船越英一郎さん、松居一代さん夫妻について証言しています。船越家の真実、お小遣い事情とは一体どのようなものなのでしょうか。

日本テレビ系のバラエティ番組「ぐるぐるナインティナイン」の「ゴチになります」で船越英一郎さんと共演するタレントの優香さんが「誰だって波乱万丈」で、船越家の真実を証言しました。
「ゴチになります」はゲームに負けた人が高級レストランの食事代で自腹を切るというシステムになっていますが、船越英一郎さんは自分が負けるまでは本当に自分で払うとは思っていなかったようです。

自分がいざ負けたとき、264,600円の金額を払うことになりましたが、この日の財布には2万円しか入っていませんでした。
「2時間ドラマの帝王」、「サスペンスドラマの帝王」、「ミスター2時間ドラマ」など様々な異名を持つ実力派俳優のお小遣いは月に3万円しかなかったのです。

お小遣い制

船越英一郎さんはお小遣いは一般サラリーマンと同じくらいしかありません。
当然、高級レストランでの食事代なんて払える道理がありません。負けると共演者の優香さんやナインティナインのメンバーがお金を立て替えることになります。

しかし、次の収録の際には、立て替えたお金が松居一代さんの手紙付きで返ってくるのです。
優香さんがこの話をすると、船越英一郎さんは、現金はお小遣い3万円のみですが、キャッシュカードはきちんと持たされていると松居一代さんの顔を立てるようにフォローしていました。
決して松居一代さんが船越英一郎さんを縛り上げている、というわけではなさそうですね。

内助の功

船越英一郎さんの手綱をしっかり握っていたり、家政婦を過去に怒鳴りつけたというエピソードが多いことなどから、恐妻として知られている松居一代さんですが、実は「内助の功」はそれほど知られていません。
出演番組の放送日など詳細が決まると、松居一代さんは「放送のお知らせ」と挨拶状を関係各所に一通一通必ず手書きで送るそうです。
人気俳優で仕事も多いでしょうから、松居一代さんが書くことになる手紙はおそらくかなりの数でしょう。

船越英一郎さんが「2時間ドラマの帝王」として君臨する影には、松居一代さんの嫁力が大きいことも間違いないと言えそうです。
こういったことをする女性、今はなかなかいないですよね。
自身もタレントとして活躍する一方で主婦業もこなし、また、奥さんとして男を立てるその器量にはただただ感服です。