安田成美と木梨憲武が長年仲良し夫婦の理由とは

木梨憲武さんと安田成美さんは結婚以来22年にもなる、芸能界でも有数のおしどり夫婦です。
木梨憲武といえばお笑いコンビとんねるずとして以外にも、NHK紅白歌合戦に出場したり、個展を開いたりなど、俳優までこなすなど、活動の幅が広いことで知られていますね。

その木梨さんを支えているのが、妻である安田成美です。
中学生の頃からスカウトされて、その美貌で現在もドラマや映画に出演されていますね。2016年11月にはご自身初のエッセイ「愛だナ!」も出版されています。
結婚から22経っても、お二人がいつまでも仲良しなのは、どのような理由があるのでしょうか。

安田成美からみた木梨憲武は「一人の子供」

二人の出会いは1986年の映画、そろばんずくでの共演から始まりました。
その後8年にわたる交際を経て、1994年に結婚、現在では2男1女の子どもを持つ親になっています。

そんな木梨さんですが、家庭でも自由奔放だと言われていますね。
子どものしつけは安田成美さんに任せて、子供と同じ目線で遊ぶ。
もしかしたら、そういったところに多彩な才能を見せる木梨さんの源があるのかもしれません。
いつまでも子供のような木梨さんのことを、安田成美さんは「木梨家のもう一人の子供」と言っています。
木梨憲武さんの自由奔放さと、それを見守る安田成美さんの温かさが伝わってくる表現ですよね。
木梨さんの友人、笑福亭鶴瓶さんも「よく結婚してよく子供を産んでくれた」と言うくらいですから、今の木梨さんがあるのは安田さんのおかげかもしれません。

どこまでも自由な木梨さんを、安田さんが支えていられるのは、一緒にいると明るい気持ちになれるからだそうです。
安田成美さんはアニメ映画「アーロと少年」に声優として参加した際に聞かれた、芸能界ベストフレンドは誰かという質問に対し、夫である木梨憲武さんの名前をあげています。
22年経っても親友で居られる夫婦というのは、そういないのではないでしょうか。

パートナーへの感謝を忘れない

自由奔放そのものな木梨憲武さんですが、安田成美さんに任せっきりというだけではありません。
奥さんの安田さんを労わる心も忘れず、スリランカ旅行に連れて行ってあげるなどのプレゼントをしてあげています。
また、子どものしつけには細かく口を出さず、安田さんが言うことなら正しい、という姿勢は、むしろパートナーとして尊重しているからこその、無条件の信頼なのでしょう。
木梨さんは2014年に開催した自身の個展に際して、安田さんを総合プロデューサーと呼び、自分の作品の指揮を執ってくれたと感謝の意を表しています。

22年間夫婦として連れ添ってきて、変わらず仲良しでいられるのは、お互いの性格を理解しあい、尊重し合っているからこそでしょう。