宮崎あおいと高岡蒼佑

順風満帆に見えた

人気女優の宮崎あおいさんと、TBS系列で大きな反響を呼んだテレビドラマ「ルーキーズ」に出演した俳優の高岡蒼佑さん。
二人は4年半の結婚生活を終え、2011年12月28日に正式に離婚しました。
そこに至るまでに色々とあったようです。

2007年6月に結婚した2人は、高岡さんの浮気をきっかけに何度も離婚危機が囁かれていました。
そのなか、2011年10月にとうとう別居が報じられ、短い結婚生活にピリオドを打ち、連名の書面で離婚を発表しました。

メディア・視聴者ともに「やっとか」と驚きもなく受け止める向きや、「これで宮崎あおいさんも自由になれる」と安堵の声を上げる方もいたようです。
二人の結婚生活と離婚にいたった経緯についてご紹介したいと思います。

結婚生活は?

宮崎あおいさんと高岡蒼佑さんは、お互い多忙な毎日を送りながらも7年という交際期間の中で少しずつ愛を育み、2007年6月に結婚しました。
しかし、長い交際期間を経て始まった結婚生活は、残念ながら当初から順風満帆とはいかなかったようです。

理由としては、2009年2月に高岡さんとグラビアアイドルとのお泊りデートが女性誌で報じられるなどのスキャンダル。
それでも宮崎あおいさんは、そのたびに我慢し、関係を修復するよう努力していたのです。
宮崎あおいさんの忍耐が結婚生活をつなぐ最後の砦になっていたのかもしれません。

離婚のきっかけ

高岡蒼佑さんの浮気に対し、宮崎あおいさんが我慢さえしていれば結婚生活をつなぎとめられていましたが、そうもいかなくなる事態が起こります。
2011年7月に高岡蒼佑さんが、韓流ブームや韓国ドラマを放送するフジテレビについてTwitterで批判したことが大きな騒ぎになり、それがきっかけで宮崎あおいさんのCMなどの仕事にまで影響が出てくるようになってきました。

この騒動の責任を取るかたちで高岡蒼佑さんは所属事務所を辞めることになります。
当時のニュースはこのサイトで詳しくまとめられています。
>>http://xn--u9j001jwdjxel50pjehu0o.com/archives/480

宮崎あおいさんのイメージや、CMに出演している企業のブランドイメージに悪影響を与えてしまうのは大きな問題。
積もりにつもった不信感はどうしても拭うことができず、二人の溝は埋まることはなかったようです。

2011年9月から別居が始まり、10月には別居がすぐ報道されることになります。
宮崎あおいさんは11月に離婚届に署名と押印して、それを高岡蒼佑さんに送りました。

12月には高岡蒼佑さんが署名と押印したものを宮崎あおいさんに返送し、12月9日に離婚届がいつでも提出できる状態となったのです。
高岡蒼佑さんは、12月20日に放送されたテレビ番組で年内の離婚を宣言し、宮崎あおいさんの年内最後の仕事が終わったタイミングで離婚届を提出し、短い結婚生活に終止符が打たれました。