石田純一と東尾理子

一生のパートナーへ

俳優の石田純一さんとプロゴルファーの東尾理子さんは、2009年12月12日に婚姻届けを提出し、2010年6月8日にアメリカで挙式を挙げ、日本でも2010年8月8日に披露宴を行いました。
石田純一さんは3度目の結婚、一方の東尾理子さんはというと初婚です。
一人っ子として大事に育てられた東尾さんが、まぜ女好きとして有名な彼を一生のパートナーとして選ぶのか疑問に感じた方も多いはずです。

記者会見で脱浮気宣言をした石田純一さんに、視聴者はただの戯言と感じたでしょうが、東尾理子さんまで「いつかはするんだろうな」とリラックスした様子でけん制しただけでした。
そこまで分かっているのに、なぜ彼女は彼と結婚したのでしょうか。
そんな石田さんと東尾さんのプロフィールと馴れ初めについてみてみましょう。

二人のプロフィールは?

石田純一さんはの東京都出身の1954年1月14日生まれです。
日本を代表するトレンディ俳優で、バラエティ番組にも多く出演しています。
趣味はゴルフ、特技は英会話だそうです。

かつて「不倫は文化」という名言?迷言?で物議を醸しましたが、東尾さんとの交際報告時には「文化は遺産として封印」と誓いました。
浮気が信条の石田純一さんを夢中にさせた東尾理子さんは、福岡県出身の1975年11月18日生まれです。
父親は元西武ライオンズのエースで野球評論家の東尾修さんです。

理子さんはフロリダ大学を卒業後、プロゴルファーとして活躍していました。
ゴルフと英語、この2つが二人との共通点です。

出会い、プロポーズ

二人の出会いはゴルフ場だったそうです。
一緒にコースを回った際に石田純一さんに対して東尾理子さんがアドバイスをするうちに二人は親密になり、自然と二人は恋愛に発展したようです。

プロポーズは、白浜の美しいビーチで知られるギリシャのミコノス島です。
2009年8月16日に別荘のプールサイドという最高のシチュエーションで石田純一さんがプロポーズし、東尾理子さんは結婚を承諾しました。
ロマンティックなこの様子はテレビ朝日の「ロンドンハーツ」でも放送されたので、その様子をご覧になった方も多いのではないでしょうか。

挙式、結婚披露宴

2010年6月8日、二人はアメリカ・カリフォルニアにある有数のワイン産地として知られるナパバレーで挙式を挙げました。
日本では帝国ホテルの「富士の間」で2010年8月8日に披露宴を開催し各界の著名人の約350人が出席しました。

アフターパーティは青山迎賓館を貸切って二人と親しい約500名ものゲストを迎え盛大に祝いました。
石田さんらしい「大人の文化祭」をテーマに趣向を凝らした演出で、人生で三度目の最高に幸せな日を過ごしたようです。