田中将大と里田まい

野球

スピード婚

楽天イーグルスを日本一に導いた立役者であり、現在はメジャーリーグで活躍するマーくんこと田中将大投手とおバカタレントとして人気を得た里田まいさん夫妻。
有名人同士の結婚とあって注目を集めましたが、交際1年でスピード結婚だったこともあり、「もしかしてできちゃった結婚なの?」という噂も出ていました。
実際のところ、どうなのでしょうか。

マー君はメジャーに行く前から大活躍だったこともあり、里田さんに対して嫉妬する気持ちも分かります。
彼女は金を生む卵を手に入れ、悠々自適な生活を送っているのだろう、うらやましいと思う人も少なくないでしょう。
そんなラッキーガールにも見える里田まいさんはどんな人で、どうやって玉の輿に乗れたのかについてご紹介したいと思います。

里田まいとは?

里田まいさんは1984年3月29日に、北海道札幌市で生を授かりました。
その後2002年にアイドルユニット「カントリー娘。」として北海道の花畑牧場で酪農をしながら活動するアイドルとしてデビューしています。

2006年に「クイズ!ヘキサゴンⅡ」に出演し、おバカタレントとしてブレークし、番組出演者でもユニットを組んで歌手活動を行い、紅白歌合戦にも出演しました。
彼女自身、人気タレントとして忙しい毎日を送っていたのです。

そんな多忙な毎日を送る里田まいさんと、田中将大投手との出会いは、「プロ野球オールスターフェスティバル」という番組といわれています。
里田まいさんが田中将大投手のファンだったということで、田中将大投手と親交のあったココリコの遠藤さんが二人を紹介し、この共演と紹介がきっかけで親密になり交際へ発展したそうです。

結婚生活は?

田中将大投手と里田まいさんは、2012年にハワイで結婚式で挙げました。
結婚後は田中将大投手が当時所属していた楽天イーグルスの拠点である仙台へ里田さんも生活の場を移しました。

仙台の高級タワーマンションでは里田さんと一緒に愛犬の「ハル」も連れて行ったようです。
「ハル」は里田さんのブログにも度々出てくるのでご存知の方もいるでしょう。

高級マンションで優雅に暮らしている里田さんですから、結婚後も身内ということで特別席で観戦できるんだろう、と普通は思いがちです。
ところがそんなことはなく、里田まいさんは一般席で試合を観戦し、一ファンとして応援していました。
そんな里田まいさんの姿が報道され、好感した方も多かったと思います。

里田まいさんの生活は決して優雅で悠々自適なものではなく、スポーツ選手の栄養管理を目的とした「ジュニア・アスリートフードマイスター」という資格を2012年4月に取得し、野球選手の妻として献身的に田中選手を支えてきました。
ブログやSNSでもその料理の腕前を披露していることもあり、いつかフードマイスターとして料理の先生になるのもいいかもしれませんね。

当時人気タレントだった自身のキャリアを捨ててマーくんの妻として二人三脚で頑張ったからこそ、今のマーくんがあったのかもしれません。

芸能人の中にも料理の専門学校に通って料理の腕を磨いている人も多いですね。やはり結婚相手をゲットするには胃袋をつかむのが大事なのかもしれませんね。