浜崎あゆみとマニュエル・シュワルツ

浜崎あゆみの結婚と離婚

2011年の元日にオーストリア人俳優のマニュエル・シュワルツと電撃結婚した歌手の浜崎あゆみさん。
一時代を築いたスター歌手なだけあって大きな話題を呼びましたが、2012年1月に離婚を発表しています。

1年というスピード離婚にも世間は大きく驚きましたが、実際にはわずか2か月足らずしか結婚生活を共にしていなかったという、さらに衝撃的な事実も知られています。
離婚の裏には何が隠されているのでしょうか。なぜ離婚に至ったのでしょうか。

浜崎あゆみさんの離婚の理由

浜崎あゆみさんは、結婚を「共同作業」にたとえ、マニュエル・シュワルツさんとなら共同作業できると思ったが、単独作業が得意な自分を変えられなかった、と言っています。
結婚という選択は、自分ひとりの自由な時間を犠牲にすることがどうしても避けられません。

浜崎あゆみさんのコメントから読み取れることは、自分を犠牲にすることができなかったということでしょうか。
離婚に際して浜崎あゆみさんとマニュエル・シュワルツさんの間には、慰謝料などは発生していないようです。
マニュエル・シュワルツさんは慰謝料については口を閉ざしています。

マニュエル・シュワルツさんの離婚の理由

マニュエル・シュワルツさんは、離婚の理由について、特に言葉の壁が大きかったと説明していました。
心が少しずつすれ違ったときに言葉で理解し合うことができないため、関係の修復ができなかったようです。

浜崎あゆみさんは英語を真剣に身につけようとはしなかったため、マニュエル・シュワルツさんが日本語を覚えることでしかコミュニケーションを取る術がありませんでした。
マニュエル・シュワルツさんは必至に日本語を学んではいたようですが、結婚してから短期間で覚えるには日本語は難しすぎたようです。
その結果、お互いのコミュニケーションがうまく取ることができず、少しずつ心が離れてしまったようです。

なぜ結婚したのか?

コミュニケーションも満足に取れない二人は、なぜ結婚するに至ったのでしょうか。
普通であれば、お互いを理解した上で生涯のパートナーとして結婚を考えるはずです。
これに関し、マニュエル・シュワルツさんが友人モデルに暴露したところによると、二人の結婚は「正直、ノリだった」と思っているようです。

確実な将来設計もなく、熱く燃え上がる瞬間のノリ、という意味で、浜崎あゆみさんにとって、自分はアクセサリーみたいな存在だったとマニュエル・シュワルツさんは感じているようです。
本当にそうだとすると、自身をアクセサリーのように気が変わったら捨てられるような立場に置かれたマニュエル・シュワルツさんにとって、関係を修復しようと頑張っても報われない結婚生活は大変なストレスだったのかもしれません。